吉祥寺クラウド

WindowsのWebシステムからLinuxへのマイグレーション



Windows ServerとIIS
  • IISとはMicrosoft Windows Serverで提供されているWebサーバ
  • Windows Server 2008のサポート期限が2019年末で終了します。移行先としてLinuxのmonoフレームワークをご提案します
  • Windows Server 2008のアップグレード対象はWindows Server 2012ですが、Windows Serverのライセンス費用が新規に必要です
  • Windows Server 2012へアップグレードする場合、Windows Updateによって勝手に再起動する設定や、IISの設定引き継ぎ等を再調整する必要があります
  • WindowsのWebシステムをLinuxへマイグレーションした場合、サーバーOSのライセンス費用が不要、Window Updateによるシステム停止の対策が不要、Windowsに比べてサーバーコストを抑制するメリットがあります
  • WindowsのWebシステムをLinuxへマイグレーションするためには、マイグレーション先のMono Frameworkとの互換性のリスクが発生します

IIS上の.netアプリケーションから、mono Linux Nginxアプリケーションへの移行を支援します

WindowsのWebシステムをLinuxへマイグレーションした場合、サーバーOSのライセンス費用が不要、Window Updateによるシステム停止の対策が不要、Windowsに比べてサーバーコストを抑制するメリットがあります。
Linuxサーバへマイグレーションが成功すれば、WindowsのOSライセンス費用やアップデートの対応等の煩わしさから開放されて、安価なLinuxシステムの物理サーバやLinuxクラウドシステム、Linuxの運用手順を活用することが可能になります。




Linuxシステム活用による継続的改善

WindowsシステムからLinuxシステムへのマイグレーションとクラウドへの移行、移行できないシステムも継続的に改善することで、ヘテロジニアスなIT環境のコストを削減し、システムのパフォーマンスや運用効率を向上させます。




詳細はこちらからお問い合わせください。